妊娠線はいつからできる?できやすい人の特徴と予防法!

妊娠線 でき始め

妊娠線は妊娠中におなかなどにできる白い線のことを想像する方も多いと思いますが、妊娠線のでき始めというのは実は赤紫色をしています。

妊娠線ができやすい人の特徴としては「妊娠による体格の変化が大きい人」と「肌の弾力が低下している人」があげられますが、妊娠線を消す方法はあるのでしょうか?

ここでは、妊娠線ができる原因やいつから妊娠線ができるのか?といった疑問や、妊娠線の予防方法などについてご紹介しています。

妊娠線とは

妊娠線とは、妊娠中におなかなどの皮膚にできる赤紫色のシマウマの模様のような線のことをいいます

妊娠中に胎児の成長でおなかが大きくなったり、ママの急激な体重増加などにより皮膚が引き伸ばされて皮膚のコラーゲン繊維が断裂することでおこります。

これは妊娠中に限らず急激に体重が増えるとあらわれる変化で、いわゆる「肉割れ」ともよばれます。

できてすぐの妊娠線は赤紫色で目立ちますが、だんだんと黒ずんでいき、出産後は白く目立ちにくくなっていきます。

出産後も完全に消えるわけではありませんが、近くで見なければわからない程度の線になります。

妊娠線 産後
産後の妊娠線

妊娠線はなぜできる?原因

皮膚の構造、表皮、真皮、皮下組織
皮膚の構造

妊娠線は急激に皮膚が引き伸ばされることでできてしまいます。

皮膚の構造は大きく分けると、「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層から成り立っています。

皮膚の表面にあたる「表皮」は体の変化に合わせて伸びていきますが、その下にある「真皮」は弾力性がなく伸びにくいため表皮の伸びについていけず、裂けてしまうことで妊娠線ができます。

また、妊娠中に分泌量が増えるホルモンの一つにコルチコステロイドというステロイドホルモンがありますが、このホルモンはコラーゲンの生成や肌のターンオーバーを抑制するはたらきがあります。

そのため、コラーゲンの生成が減少することで肌の弾力が低下し、ターンオーバーが抑えられることで皮膚の再生が遅くなりますので、より妊娠線ができやすい状態になります。

妊娠線ができやすい人の特徴!

妊娠線は妊娠すると必ずできるわけではありません。

【妊娠線ができやすい人の特徴】

  • 小柄な人
  • やせ型の人
  • 乾燥肌の人
  • 高齢出産の人
  • 経産婦の人
  • 双子妊娠の人
  • 肥満気味の人
  • 妊娠中に急激に体重が増えた人

妊娠線ができやすい人の特徴として共通することは、「妊娠による体格の変化が大きい人」と「肌の弾力が低下している人」があげられます。

小柄な人

小柄な人は身長が高い人と比べて体の表面積が小さいため、胎児の成長による影響が大きくなります。

骨盤が小さいと胎児の成長できるスペースが狭く、おなかが前にせり出して大きくなるため妊娠線ができやすくなります。

やせ型の人

妊娠前の体格がやせ型の人はふつうの体格の人に比べて、妊娠中の体重増量指導の目安が2~3kgほど多く設定されています。

体の表面積が小さいうえに、妊娠前と比較して体型の変化がより大きくなりますので妊娠線ができやすくなります。

乾燥肌の人

冬に肌が乾燥しているとあかぎれで血が出ることがありますね。

肌が乾燥しているとうるおいがないために皮膚が伸びにくく、妊娠線ができやすくなります。

そのため、冬場の乾燥する季節にも妊娠線ができやすいため注意が必要です。

高齢出産の人

35歳以上ではじめて出産することを一般的に「高齢妊娠・高齢出産」といいます。

35歳以上になったから妊娠線ができやすいというわけではありませんが、加齢により肌の弾力が衰えてきますので妊娠線ができやすくなります。

経産婦の人

過去に出産経験がある経産婦は初産婦に比べて皮膚が伸びやすく、おなかが大きくなるスピードが速いため妊娠線ができやすくなります。

以前の妊娠で妊娠線ができなかったら大丈夫、というわけではありません。

双子妊娠の人

双子 妊娠

双子以上の多胎妊娠の場合、より大きく皮膚が引き伸ばされるため妊娠線ができやすくなります。

肥満気味の人

皮下組織にあたる皮下脂肪は弾力性がなく伸びにくいため、皮下脂肪が多い肥満気味の人は妊娠線ができやすくなります。

妊娠中に急激に体重が増えた人

妊娠前の体格に関係なく妊娠中に急激に体重が増えると、変化についていけず妊娠線ができやすくなります。

妊娠中の適切な体重増加は必要ですが、急激に増える時期がないようコントロールすることが大切です。

妊娠線ができやすい場所

妊娠線 お尻

妊娠線はおなかにできる印象があると思いますが、おなか以外にもできやすい場所があります。

【妊娠線ができやすい場所】

  • おなか
  • おしり
  • 足の付け根
  • 太もも
  • 二の腕
  • わきの下

脂肪がつきやすい場所は妊娠線ができやすいといえます。

見えている場所はケアしやすいのですが、脇腹や下乳なんて場所も実は妊娠線ができやすいため注意が必要です。

妊娠後期になりおなかがかなり大きくなってくると、下腹部や足の付け根などが見えにくく気づかない間に妊娠線ができていた、なんてことも多いため全身しっかりケアしましょう。

今まで妊娠線ができていなくても、妊娠後期の出産間近でできてしまうこともあるので油断は禁物です。

妊娠線 二の腕
二の腕の妊娠線
妊娠線 胸
胸の妊娠線

正中線とは

正中線(せいちゅうせん)とは、おへそから真下に向かっておなかの真ん中にあらわれる1本の線のことをいいます。

正中線は妊娠さんの約7割程度にみられるため妊娠線と間違われがちですが別物です。

正中線は妊娠したからできるわけではなく、ヒトには生まれながらに正中線があります。

ただ、色が薄かったりして普段はほとんど認識できないために気付かないだけです。

妊娠するとメラニン色素が活性化することや、おなかが大きくなり皮膚が薄くなることなどで正中線が黒い線として目立ってくることがあります。

正中線は妊娠中は色が濃くなり目立ちますが、妊娠線と違い出産後はだんだん薄くなり自然と消えていきますので「黒い線が残ってしまわないかな?!」と心配しなくて大丈夫です。

妊娠線や正中線はいつできる?

妊娠16週の目立ち始めたお腹

妊娠線も正中線も、妊娠中期のおなかが大きくなってくる頃にあらわれる人が多いようです。

妊婦さんのおなかは妊娠中期である妊娠16週(妊娠5ヶ月)頃から外見でも妊娠しているとわかるくらいに目立ち始めてきます。

妊娠線ができる時期は個人差がありますが、体型の変化が大きい時期にできやすいため、妊娠中期~妊娠後期にかけてが要注意です。

しかし、中には妊娠初期に妊娠線ができてしまったという方もいますので、早い段階からケアする習慣をつけておくとよいでしょう。

正中線も、おなかが大きくなる妊娠5か月~6か月頃にあらわれやすくなります。

妊娠線の予防方法

妊娠線ができないようにするためにはどうすればよいのでしょうか?

【妊娠線を予防する方法】

  • 適切な体重増加
  • 保湿

妊娠線ができないよう予防するうえで大切なことは、急激な体型の変化を防ぐことと、肌が乾燥しないよう保湿をしっかりするということです。

適切な体重増加

妊娠すると胎児の重さ以外に、おなかの赤ちゃんを育てるための胎盤や羊水、母体の血液量の増加などを含めて最終的に少なくともおよそ7~8kgは体重が増加します。

そのほかに、妊娠・出産に必要なエネルギーを皮下脂肪として蓄えるため、妊娠中の理想的な体重増加量は7~15kg(妊娠前の体格により変動する)とされています。

妊娠中は体重を増やさないようにすることが決して良いわけではなく、適切な量を適切なスピードで増やすことが母子ともにトラブルがおこるリスクを減らせるだけではなく、妊娠線の予防にもつながります。

急激な体重の増加は妊娠線ができやすいだけでなく、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などのリスクも高めてしまいます。

妊娠中の体重が増えやすい時期はつわりが落ち着いた頃と、妊娠中期~後期にかけての胎児の成長スピードが早い時期です。

妊娠中の体重増加量については、「コラム:妊婦の体重管理のポイント【2021年度版】」もご参考にしてください。

保湿

肌が乾燥していると弾力が低下し妊娠線ができやすくなります。

ボディクリームやオイルなどを使いしっかり保湿しましょう。

入浴後や朝のお手入れのときなどに、全身に塗りながら軽くマッサージするとよいでしょう、

保湿をしたからといって妊娠線を必ず予防できるとはいえませんが、最小限に抑えることができます。

妊娠線の対策はいつからすればいい?

妊娠線を防ぐためには、いつから対策をすればよいのでしょうか?

おなかが目立ち始めるのは妊娠5ヶ月頃からですが、つわりで体調が悪すぎなければ妊娠初期からケアをはじめるのが理想的です。

体重の管理は妊娠線の問題にかかわらず妊娠期間中を通してずっと必要ですので、つわりが落ち着いたら毎日体重を測るなどして適切にコントロールしましょう。

保湿ケアについては、クリームやオイルを塗り始めたからといってすぐに効果がでるわけではありません。

特にもともと乾燥肌の人は妊娠初期から保湿とマッサージを習慣づけられるとよいですね。

つわりなどで体調が不安定だったとしても、遅くてもおなかが目立ち始める前の妊娠4か月頃から保湿ケアを行うようにしましょう。

保湿ケアの方法

妊娠線対策のための保湿ケアは、クリームやオイルなどの保湿剤を使い全身をやさしくマッサージするように行いましょう。

妊娠線対策専用のクリームもありますが、肌への負担が少なく保湿力が高いものを選べばよいでしょう。

クリームかオイルかは好みでOKです。

乾燥の程度や季節、気分などでお気に入りのものを選びましょう。

妊娠中は肌が敏感になっていますので、初めて使う保湿剤は少量を塗って赤みやかゆみが出ないか試しておくと安心です。

つわりがある間は香りが強いものだと気持ち悪くなってしまうこともありますので適宜選ぶとよいでしょう。

保湿ケアのタイミングとしては、朝晩の1日2回できると理想的です。

朝の顔のお手入れのついでと、夜の入浴後がおすすめです。

おなかが張るような感覚があるときはおなかへのマッサージは控えてください。

妊娠線ができやすく自分からは見えにくい、足の付け根や脇腹、下腹部などは特に意識して保湿することがポイントです。

妊娠線を消す方法はある?

できてしまった妊娠線を消す方法はあるのでしょうか?

一度できてしまった妊娠線は徐々に薄く目立ちにくくなっていきますが、残念ながら完全に消えることはありません。

妊娠線ができないようにまずは予防に努めますが、もしできてしまったら「子どもを産んだ勲章として」とはよくいわれますね。

子どもが大きくなったときに、ふと妊娠線に目をやり「妊娠中はあんなことがあったなぁ」と愛おしく思い出すかもしれません。

まとめ

妊娠線は妊娠初期の早い段階からできてしまう人がいれば、出産直前になりできてしまう人もいます。

また、妊娠線の対策を何もしなくてもできなかった人がいれば、対策をしても妊娠線ができてしまった、という人もいます。

妊娠線ができる時期やできやすさは人によって異なりますが、体重増加スピードを適切にコントロールすることと保湿をしっかり行うことが大切です。

キレイなママでいるためにも、早い段階からケアをしてしっかり予防しましょうね。


#コラムタグ

新着コラム

ページの先頭へ

100人体験談」 ダウンロード

先輩ママ100人の「出生前診断」の体験談を小冊子にしてみました。
可能な限り手を加えずに編集したので、少しショッキングな内容があるかもしれません。
この「出生前診断」の体験談が、あなたの出生前診断を受けるかどうかの参考になれば幸いです。
(A4サイズ、53ページ)

ご登録いただいたメールアドレスに承認メールが配信されます。
メール内のリンクをクリックして承認をお願いします。
承認メールが届かない場合は、お手数ですがこちらよりお問い合わせください。