loading
よみこみ中

日本産科婦人科学会の指針ではNIPT検査ができるのは認定医療機関のみとなっていますが、NIPT検査をNIPT Japanで受けても大丈夫でしょうか? - NIPT Japan株式会社

問題なく大丈夫です。
現行の法律下では、当然のことながら違法性はありません。
また、NIPT Japanが提供するNIPTの検査自体も大変信頼性が高い検査です。
ご安心ください。

日本産科婦人科学会の指針では、基本的には35歳以上の妊婦がNIPT検査を受けることができるとされています。
35歳未満の場合、NIPT検査を受けたくても受けることができないため、妊娠時期が35歳になるまで待つといった選択をされる方もいらっしゃいました。
また、NIPT検査を受けることが出来ない妊婦の方は、流産のリスクが有る羊水検査や、精度の低い出生前診断を受けるしか選択肢がありませんでした。

NIPT Japanは、

  • 生活や福祉を向上するために情報やサービスを選択しアクセスする権利
  • 自分の意思が尊重され、自分の身体に関することを自分自身で決められる権利

が妊婦の皆様には有ると考えております。
その権利には、妊娠・出産、家族計画、不妊、疾病の予防・診断・治療などの必要なサービスを必要な時に受けられることも含まれています。

どうぞご安心してNIPT JapanのNIPT検査を受診なさってください。

ページの先頭へ

100人体験談」 ダウンロード

先輩ママ100人の「出生前診断」で体験談を小冊子にしました。
可能な限り手を加えずに編集したので、少しショッキングな内容かもしれません。
この小冊子が、出生前診断を受けるかどうかの参考になれば幸いです。
(A4サイズ、53ページ)

ご登録いただいたメールアドレスに承認メールが配信されます。
メール内のリンクをクリックして承認をお願いします。
承認メールが届かない場合は、お手数ですがこちらよりお問い合わせください。