染色体異常は、遺伝情報がつまった染色体を親から子に受け継ぐ際になんらかのエラーが生じて正しく情報が伝わらないためにおこります。

これは多くのケースでは誰にでも起こり得る偶然の事象ですが、両親の遺伝子や妊娠年齢が関係することもあります。

胎児の染色体異常を調べる方法として、出生前診断が知られています。

ここでは、胎児に起こり得る染色体異常について解説しています。

先天性疾患とは?引き起こす4つの要因

新型出生前診断により、胎児が病気を持っていることがわかるケースがあります。病気に対して早期に対応することが可能…

ダウン症(21トリソミー)とは?

ダウン症とは? ダウン症(ダウン症候群)(英語表記:Down's syndrome)は、余分な21番染色体によ…

ページの先頭へ

「出生前診断100人の体験談」

出産ももちろん不安だけど、生まれてくる子供の健康状態が心配 …

そんなあなたのために、胎児の検査(出生前診断)を経験した先輩ママ100人の声を集めてみました。
NIPTや出生前診断はどうしたらいいの?と悩んでいるあなたの参考になれば幸いです。

ご登録いただいたメールアドレスに承認メールが配信されます。
メール内のリンクをクリックして承認をお願いします。
承認メールが届かない場合は、お手数ですがこちらよりお問い合わせください。