高齢出産・高齢妊娠のリスクとは? - NIPT Japan株式会社

高齢出産・高齢妊娠のリスクとは?

晩婚化が進む中、高齢で妊娠・出産すること対する様々なリスクが指摘されています。
高齢出産・高齢妊娠のリスクは何となく聞いたことがあるけれど何が問題なのかをはっきり分からない、という方も多いのではないでしょうか。
ここでは、高齢出産のリスクの他、高齢出産・高齢妊娠のリスクを下げる方法やそのメリットについてもご紹介します。

日本産婦人科学会によると、初めて出産する35歳以上の人を「高齢初産婦」と定めています。
一般的に、35歳以上の妊婦が初めて出産することを高齢出産とし、初産婦35歳以上、経産婦40歳以上の妊娠を高齢妊娠としています。

女性の社会進出が進み、ライフスタイルが変化したといっても、妊娠適齢期や閉経時期は基本的に変わりません。
平均寿命が伸びたからといっても、いつまでも妊娠できるわけではなく、妊娠できる期間は閉経期から逆算して10年までと言われています。

日本産婦人科医会によると、35歳ぐらいから卵子の質が低下し、染色体の数に異常が見られる割合が上昇する傾向にあります。
また、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気にかかる女性も増えているので、高齢出産・高齢妊娠においては、リスクが高い状態で妊娠していることを自覚することが必要です。

高齢出産になる背景

高齢出産となる原因として、晩婚化と女性の社会進出が挙げられます。
女性の初婚年齢に関するデータが晩婚化を示唆しています。
厚生労働省の平成30年度の人口動態統計によると、妻の平均初婚年齢は29.4歳で、昭和60年と比べると3.9歳上昇しています。

初婚年齢の高まりとともに、出産年齢も高くなる傾向にあります。
働く女性の中には、キャリアアップの時期と出産適齢期とが重なり、どちらを取るか悩むことも少なくありません。
また、出産を優先したくても、仕事を休むことにためらいを感じ、妊娠に踏み切れないというケースもあります。

高齢出産のリスクとは?

高齢出産のリスクは、以下の通りです。

  • 流産のリスクが高まる
  • ダウン症などの先天異常のリスクが高まる
  • 母体へのダメージが大きい
  • 難産になる恐れがある

高齢で出産する場合、20代の出産と比較すると、母体や赤ちゃんへのリスクが高くなります。
流産しやすくなり、ダウン症などの先天異常の割合も高まるのです。母体へのダメージが大きく、難産になる恐れもあります。

流産のリスクが高まる

流産は妊娠全体のうち15%前後発生するとされていますが、その原因のほとんどが胎児の染色体の異常によるものです。
母親の年齢が高くなるほど卵子も老化し、染色体の異常が起こりやすくなるため、流産の確率が高くなります。
高齢で妊娠が成立したからといって、妊娠が継続し、赤ちゃんが無事に生まれてくるとは限らないのです。

ダウン症などの先天異常のリスクが高まる

ダウン症(ダウン症候群)の原因は染色体の異常です。
染色体は通常2本ずつがペアになっていますが、21番目の染色体が3本あります。
生まれつきの疾患です。
ダウン症の原因は卵子の分裂異常であることが多く、卵子の分裂異常は加齢によって引き起こされます。

卵子の分裂異常は母親の年齢が25歳では1,351人に1人の割合に対し、40歳では112人に1人と高い割合で起こるという調査結果があります。

母体へのダメージが大きい

妊娠時に高血圧、または高血圧とともにタンパク尿が見られることを「妊娠高血圧症候群」(妊娠中毒症)と言います。
母体の臓器障害や血管障害をともなうこともあります。
妊娠高血圧症候群のリスクは高齢、肥満、もともと高血圧、双子を妊娠、初産などいくつかありますが、特に母親が40歳以上の場合約8%で、35歳未満のほぼ2倍のリスクがあります。

「妊娠糖尿病」は糖の代謝異常が妊娠中に初めて見つかったものをいい、年齢が高くなるほど発症頻度が高くなることがわかっています。
35歳以上では20~24歳の8倍との頻度を示すというデータもあるのです。
さらに、「前置胎盤」、「胎盤早期剥離(はくり)」などの合併症の発生頻度も年齢が上がるにつれ高くなります。

難産になる恐れがある

高齢で、かつ初産の場合、産道が広がりにくく子宮口が硬くなっているため難産になりやすく、帝王切開になる確率が高くなります。
また、若い頃よりも体力が落ちている人が多く、産後の回復も遅くなる傾向があります。

高齢出産のリスクを下げる方法

高齢出産では、母体にも生まれてくる赤ちゃんにもリスクがあります。
しかし、無事妊娠できたからには、少しでもリスクを減らし、元気な赤ちゃんを生みたいものです。
高齢出産のリスクを軽減する方法は以下の通りです。

  • 妊娠前から葉酸を意識的に摂取する
  • 妊婦健診で医療機関のサポートを受ける
  • 普段の食生活に気を配る

高齢出産・高齢妊娠について過度に神経質になる必要はありません。
リスクを正しく認識した上で、自分でできるリスク回避を行うことが大切です。

妊娠前から葉酸を意識的に摂取する

妊娠前から葉酸を意識的に摂取しましょう。
妊娠初期の4~10週は器官形成期と呼ばれ、胎児の脳と脊髄、中枢神経系に重要な役割を担う神経管が形成されるのですが、神経管の形成には母体が摂取する葉酸の量がカギを握っています。

葉酸は、枝豆やホウレンソウ、鶏レバーなどに多く含まれています。
厚生労働省も葉酸の摂取を推奨しており、妊活中は通常の2.5倍以上(640µg)を取るようにしましょう。

妊婦健診で医療機関のサポートを受ける

高齢出産の場合、医療機関は全力でサポートをしてくれます。
無事に出産ができるよう、妊婦健診は定期的に受診し、母体と胎児の状況を細かく確認してもらいましょう。
妊婦検診を受けることで、合併症の早期発見にもつながります。

普段の食生活に気を配る

太りすぎは体に負担がかかりやすくなります。
また、肥満での妊娠・出産は、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、微弱陣痛のリスクが高まりまので、食事の量を増やしすぎないようにしましょう。
栄養のバランスを考え、普段の食生活に気を配ることで、体重管理をしっかり行いましょう。
リスクを少しでも減らすことが大切です。

高齢妊娠前の日々の過ごし方

高齢で妊娠を希望する方は、妊娠しやすい体を作るために、規則正しい食生活、葉酸の積極的な摂取を心がけてください。
疲れたからといって、レトルト食品、ジャンクフードばかり食べていてはいけません。

身体面や精神面でも過度なストレスを与えないようにすることも大切です。
適度な運動でストレスを発散しましょう。

高齢妊娠後に気をつけたいこと

高齢妊娠をした後は、栄養バランスの取れた食事、葉酸の積極的な摂取を徹底しましょう。
また、十分な睡眠時間を確保するために、夜は早めに就寝し、生活のリズムを整えてください。
ウォーキングやストレッチなどの軽い運動を取り入れ、ストレス解消に努めましょう。
仕事や家事の負担はできるだけ減らしたほうが安心です。

高齢出産のメリットはある?

高齢出産には、若い年齢での出産とは違ったメリットがあります。
豊富な人生経験がある分、精神面のゆとりがあり、共働きの場合は経済的な余裕もあることから落ち着いて出産に臨めると期待できるのです。
20~30代のうちに、旅行などの趣味に時間を使い、自分のしたいことを満喫した上で母親になるため、子育てに情熱を注ぎやすくなります。

海外の大学の研究では、高齢出産した女性は長生きする傾向があり、子宮体がんのリスクが低下するという科学的に立証されたメリットも紹介されています。
高齢出産ではリスクがクローズアップされがちですが、高齢出産にはポジティブな要素もあることを覚えておいてください。

まとめ

流産やダウン症などのリスクがある高齢出産・高齢妊娠ですが、最近の研究では、高齢出産・高齢妊娠が長生きにつながり、がんのリスクが低下するという科学的なメリットも報告されています。
そのため、過度に神経質になる必要はありませんが、妊娠前からの葉酸摂取や体重管理、規則正しい生活など、自分でできるリスク軽減には積極的に取り組みましょう。


#コラムタグ

新着コラム

ページの先頭へ

100人体験談」 ダウンロード

先輩ママ100人の「出生前診断」で体験談を小冊子にしました。
可能な限り手を加えずに編集したので、少しショッキングな内容かもしれません。
この小冊子が、出生前診断を受けるかどうかの参考になれば幸いです。
(A4サイズ、53ページ)

ご登録いただいたメールアドレスに承認メールが配信されます。
メール内のリンクをクリックして承認をお願いします。
承認メールが届かない場合は、お手数ですがこちらよりお問い合わせください。