コラム:着床前診断とは?を掲載しました

着床前診断とは、妊娠が成立する前の段階で受精卵(胚)を検査し、遺伝子や染色体の異常がない可能性が高い胚だけを子宮に戻す医療行為のことです。

出生前診断は胎児の生まれつきの病気や障害を調べるという点で着床前診断とは違います。

ここでは、着床前診断についてその方法、メリットやリスク、よく混同される出生前診断との違いなどについてご紹介しています。

ページの先頭へ

100人体験談」 ダウンロード

先輩ママ100人の「出生前診断」の体験談を小冊子にしてみました。
可能な限り手を加えずに編集したので、少しショッキングな内容があるかもしれません。
この「出生前診断」の体験談が、あなたの出生前診断を受けるかどうかの参考になれば幸いです。
(A4サイズ、53ページ)

ご登録いただいたメールアドレスに承認メールが配信されます。
メール内のリンクをクリックして承認をお願いします。
承認メールが届かない場合は、お手数ですがこちらよりお問い合わせください。